中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『願いながら、祈りながら』(乾ルカ)は聖光学院中とカリタス女子中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介!

『願いながら、祈りながら』について

北海道の過疎の村の分校には、中学1年生の男子3人、女子1人と3年生の女子1人の5人しか生徒がいません。そんな分校に赴任することになった林先生。すぐに辞めてしまうつもりだった林先生も、村の老医師久松先生の家に下宿し盃を交わしながら、生徒たちを見守る先生へと変わります。5人の生徒たちも1人1人がいろんな思いを抱えていて、お互いに影響し合いながら、1年間で少しずつ成長していきます。そして、この分校は本校に吸収されてなくなってしまいます。

  • 第1章が林先生
  • 第2章が中3、1人だけの女子生徒白石弥生
  • 第3章は中1女子の手塚みなみ
  • 第4章は中1男子の松本憲太
  • 第5章は中1男子の江崎学
  • 第6章は中1男子の柏木亮介
  • 第7章が最後にまた林先生

の語りになっています。第4章あたりから、男の子同士がそれぞれの章で関係していて、だんだん後半へと盛り上がっていきます。

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
入試でも第4章から出題されました。


作者の思いがこれでもかというほど伝わってきて、いつの間にか感動させられてしまう素晴らしい作品です。中高生にはぜひ読んでもらいたいです。

ただ、小学生だと、第1章の林先生の語りの部分からなじめず、挫折してしまいそうです。第2章からは生徒が主人公になるので、小学生でも読みやすくなります。第2章から読み始めてもいいでしょう。

スポンサーリンク

『願いながら、祈りながら』が中学受験で出題された学校

2015年度第1回聖光学院中学校2015年度第1回カリタス女子中学校の国語の入試問題で出題されました。

2015年度第1回聖光学院中学校の国語の入試問題

大問3番で「第4章 闇を裂くもの」から文庫で約8ページ分が出題されました。下のカリタス女子中学校と全く同じ部分でした。確かに、この物語の中で、私も好きな場面です。男の子同士の友情を確認する場面でした。
大問1番は漢字、大問2番は共通する語句、大問4番は論説文でした。

大問3番での設問形式は、語句の意味が1題、5択の記号選択問題が6題、60字の記述問題が1題で出題されました。5択の記号選択は、迷いやすい選択肢が作られていて、しっかり読み取らないと引っかかってしまうでしょう。

聖光学院中学校の国語の出題傾向

聖光学院中学校の国語の入試問題は、大問1番は漢字、大問2番は語句または熟語の問題、大問3番が物語的文章、大問4番が説明的文章の構成になっています。

設問形式が、語句の意味が1題、5択の記号選択問題が10題くらい(抜き出し適語補充があるときも)、40〜80字の記述問題が4題くらいとなっています。

試験時間は60分ですが、5択の記号選択問題の選択肢の文章も長く、全体で読む量がかなり多いです。試験時間も長いので、全部読み切って書く集中力・体力必要です。

2015年度第1回カリタス女子中学校の国語の入試問題

大問2番で「第4章 闇を裂くもの」から文庫で約8ページ分、上の聖光学院と全く同じ部分が出題されました。大問1番は説明文で大問2番まででした。

この大問2番の設問形式は、漢字が1問、抜き出しが1問、5択の記号選択問題が3問、8字と60字の記述自由記述問題1問で全部で8問の出題でした。

※カリタス女子中学校の国語の入試問題の出題傾向について、以下の記事で書いています。参考にしてください。

『ハッピーノート』(草野たき)が中学受験で出題された学校と国語の入試問題の内容、あらすじを紹介! 『ハッピーノート』(草野たき)について これぞまさに、小学生が主人公の小学生向きの本です。 三条聡子という女の子が主人公で、聡子...
ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503
こちらの記事もおすすめ
中学受験で出題された本

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)は三田国際学園中学校で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介!

2019年8月29日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『さようなら、オレンジ』(岩城けい)について この本は、岩城けいさんのデビュー作です。この作品で、第8回大江健三郎賞、第29回太宰治 …