中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『そこに君がいた』(辻仁成)は学習院女子中で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します!

『そこに君がいた』(辻仁成)について

この本は、辻仁成さんの小学生〜大学生時代のエッセイです。

『そこに君がいた』の”君”は、主に友人を表していて、辻さんの思い出の中にいる友達、好きだった女の子、先生、おじさんなどです。

短編のような形式でエッセイが進むので、とても読みやすいです。特に前半の「平和町山賊団」は悪ガキだった辻さんの子供時代が描かれ、まるで物語のようなので、小学生にもオススメの章です。その後も、学校について、友人について読んでもらいたいエッセイがたくさんありますが、若干性教育についてなども混ざっているので、保護者の方の判断で考えてもらってもいいかもしれません。


そこに君がいた (新潮文庫)

(詳しいあらすじを読みたい方は一番最後に。ネタバレになりますので、読みたくない方はご覧にならないでください。)

スポンサーリンク

『そこに君がいた』が中学受験で出題された学校

2013年度学習院女子中等科A入試の国語の入試問題で出題されました。

2006年度国府台女子学院中学部の国語の入試問題でも出題されたようです。

2013年度学習院女子中等科A入試の国語の入試問題

大問1番で、「第2章 子供時代への手紙」から「負けず嫌い」が文庫で10ページちょっとの文章が出題されました。

慣用句の問題が1問(2つ)出題されている以外は残り11の設問全て自由記述問題でした。
「気持ちを説明しなさい。」や「〜思ったのはなぜか説明しなさい。」といった設問ばかりで、自分の言葉も使って説明しなければならないので、練習が必要です。

この大問1番以外は大問2番で漢字の読み書き合わせて20問出題されただけでした。

※学習院女子中等科の国語の入試問題の出題傾向について、以下の記事で書いています。参考にしてください。

『一人っ子同盟』(重松清)は学習院女子中で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介! 『一人っ子同盟』(重松清)について この本の登場人物ノブとハム子は、同じ団地に住む小学6年生。なので、小学生が読むのに適している...

『そこに君がいた』のあらすじ(ネタバレ)

「1平和町山賊団」
が小学生の頃、僕ががき大将で、ヨー君やっちゃん藤田君ミカちゃん弟のツネちゃんを引き連れてワルさを実行していた。世界中のテレビを使用不可能にするべく、電波妨害機を作ろうとしたり、秘密基地を作ったり、Xという名の子からのメッセージを探してXを見つけ出そうとしたり、とにかく大人を困らせることがしたくて、そして、その度に叱られるという辻少年の子供時代が描かれている。

「2子供時代への手紙」「負けず嫌い」
僕は負けず嫌いであったが、小学生高学年の頃、そこにもっと負けず嫌いの小田原一馬という男の子が転校してくる。一馬はなんでも一番でないと気がすまないのである。一馬は番長のクニヤンと言い合いになり、足の速いゴワスと競走して負けたら坊主頭にするよう言われてしまう。ゴワスがわずかにリードしたのを見た一馬は、ゴワスのシャツを引っ張って2人とも転倒する。一馬がすぐに起き上がってゴールするのである。一馬の家に遊びに行った僕が、一馬のことを口げんかで泣かせてしまうと、一馬の母親は校長に言いに行くと言う。この母親が結局、一馬には私立の方がいいと言って、一馬はまた転校してしまうことになるが、一馬は辻君といい友達になれると思うと言って別れる。

「3もどかしさの行方」
好きという気持ちはどこから来るのか、という疑問から始まり、初恋は一つではなかったこと、好きだった女の子とうまくできなかったことなど、青春時代の蹉跌も書かれている。

「4疾風時代」
ロックバンドを結成していく時代が描かれている。
高校時代、友人の高原に柔道部に誘われ入部して厳しい練習に励むが、高原が突然退部してしまい、仲が悪くなってしまう。その後高原とはまた仲が戻るが、僕もロックバンドを結成したことで柔道部を退部することになる。公会堂でコンサートを開いたとき、ドラムを叩いたのは高原だった。
大学のサークル時代、アルバイト時代が描かれている。

友とは過ぎ去っていく季節のようなものであり、また巡ってくる季節でもある」とまとめられている。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503