中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『星やどりの声』(朝井リョウ)は海城中、八雲学園中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します!

『星やどりの声』(朝井リョウ)について

早坂家は三男三女と母一人。偉大なる父はガンで亡くなってしまいました。三男三女、それぞれが父の思い出と父のいない悲しみを抱えています。
とっても切ないお話で、途中何度も涙を誘われましたが、家族の絆に心打たれます

登場人物それぞれの人物像、海のある町の風景、『星やどり』という名の純喫茶…1つ1つが目に浮かぶようで、子どもたちの会話も聞こえてくるようで、1つの映画を見終わったような読後感です。

構成は、長男(大学4年)→三男(小6)→二女(高3)→二男(高1)→三女(高3)→長女(26歳)の順番で書かれています。二女と三女は双子の姉妹です。
やはり、受験では、小6の三男が出題されました。
中高生以上、そしてお父さんお母さんにもオススメしたい作品ですが、小学生が全部最初から最後まで読むには、少し難しいです。「三男 真歩」の章だけ読んでみるといいでしょう。

朝井リョウさんは、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を、『何者』で第148回直木三十五賞を受賞しています。この『星やどりの声』は朝井リョウさんが大学4年のときに出版されました。

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
若いのに、こんな素敵な家族の物語を書けるなんてすごいです。

スポンサーリンク

『星やどりの声』が中学受験で出題された学校

2014年度第1回海城中学校2017年度八雲学園中学校の国語の入試問題で出題されました。

2014年度第1回海城中学校の国語の入試問題

大問1番で「三男 真歩」から出題されました。後半部分から最初にリード文が3行あり、途中で中略あってまたリード文が3行入り、文庫で約9ページ分が出題されました。
大問2番は、お笑いのツッコミについての説明文です。1番の「星やどりの声」ほど長くはありませんが、指定語を使って書く字数制限つき記述問題が2問出題されています。

大問1番の設問形式は、4択の記号選択問題が9問、字数制限つき記述問題が1問の出題でした。

三男 真歩」はちょっと大人びている小学6年生で写真を撮るのが好きですが、父親を失った悲しみを抱えています。真歩が、転校生のハヤシくんとカメラに詳しいプリントショップの大和さんと写真を撮りに行く場面が出題されました。

海城中学校の国語の出題傾向

海城中学校の国語の入試問題は、ここ数年物語的文章1題説明的文章1題の構成で出題されていますが、物語的文章の方が長い文章となっています。記号選択問題がほとんどですが、70字〜100字程度の記述問題が必ず2題は出題されていて、バランスのいい問題となっています。

偏差値60後半の学校の中では、国語が難しいということはないでしょう。読むスピードがしっかりついていれば、4択の記号選択問題もしっかり消し込みながら、選択できる問題です。

出題されている物語文も、比較的男の子でも読みやすい本から出題されています。

海城中学校を受験したい生徒さんにおすすめの本

海城中学校を受験したい生徒さんにおすすめしたい本は、

中学入試最頻出の『クラスメイツ〈前期〉』(森絵都)を紹介します!あらすじ(一部)と国語の入試問題の内容を紹介します! 『クラスメイツ〈前期〉』(森絵都)について この森絵都さんの『クラスメイツ』は、中学受験の入試問題のために書かれたのではないかと...
中学入試最頻出の『クラスメイツ〈後期〉』(森絵都)を紹介します!あらすじ(一部)と国語の入試問題の内容を紹介します! 『クラスメイツ〈後期〉』(森絵都)について 『クラスメイツ〈前期〉』はまだ誰がどういう子で、どうなっていくのかわからなくて読んで...
『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ)は吉祥女子中、品川女子学院中、鎌倉学園中他で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します! 『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ)について 登場人物は中学生の男の子が中心なので、中学生が読むと一番共感できると思いますが、中...
『卵の緒』(瀬尾まいこ)は東京都市大等々力中、八雲学園中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します! 『卵の緒』(瀬尾まいこ)について 瀬尾まいこさんは、この『卵の緒』で2001年に、坊ちゃん文学賞大賞を受賞しています。その翌年に...

です。

※このくらいの本がスラスラ読めるといいですね、という意味でのおすすめの本で、決してこれらの本が出題可能性があると言っているわけではありません。

2017年度八雲学園中学校の国語の入試問題

大問2番で、「三男 真歩」から出題されました。大問1番は漢字の読み書き、大問3番は説明文で、大問3番まででした。

この大問2番の設問形式は、語句の意味が2問、修飾・被修飾の関係が1問、品詞の識別が1問、4択の記号選択問題が2問、抜き出しが3問、自由記述問題が2問で、全部で11問でした。(問1が4問で問8まで)

※八雲学園中学校の国語の入試問題の出題傾向について、以下の記事で書いています。参考にしてください。

『さがしもの』(角田光代)が中学受験で出題された学校と国語の入試問題の内容を紹介! 『さがしもの』(角田光代)について この本は、 旅する本 だれか 手紙 彼と私の本棚 不幸の種 引き出しの奥 ミツザワ書店 さ...
ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503
こちらの記事もおすすめ
中学受験で出題された本

『グッドジョブガールズ』(草野たき)は洗足学園中で出題されました!国語の入試問題の内容・あらすじを紹介します!

2020年9月21日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『グッドジョブガールズ』(草野たき)について この本は、3人の女の子が、みんなでチアダンスを踊ることを通じ、悪友から本当の友だちにな …
中学受験で出題された本

『願いながら、祈りながら』(乾ルカ)は聖光学院中とカリタス女子中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介!

2019年4月20日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『願いながら、祈りながら』について 北海道の過疎の村の分校には、中学1年生の男子3人、女子1人と3年生の女子1人の5人しか生徒がいま …