中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『明日につづくリズム』(八束澄子)は豊島岡女子、東京電機大、八雲、日大藤沢中学校で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介!

『明日につづくリズム』について

この本は、瀬戸内海の因島に住む中学3年生の千波と千波の家族、親友のを中心とした物語です。千波と恵は同じ保育園で育ち、同じ因島出身のポルノグラフィティが大好き。物語中に何度もポルノグラフィティの曲が流れます。
千波の家では母のぶ子の一存で里子を引き取ったため、千波とは血のつながらない弟大地がいます。千波にとって、大地は可愛くもあり、面倒でもあり…しかし、ある事件をきっかけに、千波一家は家族らしくなっていきます。そして、千波も恵もそれぞれの夢に向かって、高校へと自分たちの行き先を考えます。

ポルノグラフィティの音楽のように、明るくて楽しい物語です。
会話文は因島の方言で語られていますが、それがとってもあったかく感じます。
中学生に一番向いていると思いますが、小学生でも楽しめます。特に、女の子向け
物語の長文が出る中学を受験したい女の子は必読です!

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
ポルノグラフィティの音楽をかけながら、読みたくなります。



スポンサーリンク

『明日につづくリズム』が中学受験で出題された学校

2014年度第2回八雲学園中学校2015年度第1回豊島岡女子学園中学校2016年度第1回東京電機大学中学校2017年度第1回日本大学藤沢中学校の国語の入試問題で出題されました。
塾のテキストにも掲載されています。

2014年度第2回八雲学園中学校の国語の入試問題

大問2番で「第2章 そう 遠くから近くから君のこと見ている」から出題されました。大問1番は論説文(荘司雅彦『13歳からの法学部入門』)で、大問3番は3字熟語、主語述語、語句の使い方、漢字の書き取り、読みで、大問3番まででした。

この大問2番の設問形式は、適語補充が1問、4択の記号選択問題が4問、抜き出しが2問、字数制限つき記述問題が1問、自由記述問題が1問で全部で9問の出題でした。

※八雲学園中学校の国語の入試問題の出題傾向について、以下の記事で書いています。参考にしてください。

『さがしもの』(角田光代)が中学受験で出題された学校と国語の入試問題の内容を紹介! 『さがしもの』(角田光代)について この本は、 旅する本 だれか 手紙 彼と私の本棚 不幸の種 引き出しの奥 ミツザワ書店 さ...

2015年度第1回度豊島岡女子学園中学校の国語の入試問題

大問2番で「第5章 そうだ ぼくはくまだった よかったな」から出題されました。大問1番は説明文で、大問2番までです。
千波が恵の家に寄って、の将来の夢を聞かされ、素直に頑張ってと言えない場面が出題されました。

この大問2番の設問形式は、語句の補充が2問ありますが、それも5択になっているので、5択の記号選択問題が全部で12問です。

豊島岡女子学園中学校の国語の出題傾向

豊島岡女子学園中学校の国語の入試問題は、ここ数年説明的文章が1題、物語的文章が1題と漢字が1題あるか(文章題の中に含まれるか)といった構成になっています。

設問形式は、5択の記号選択問題が多く、記述式は説明的文章に1問、物語的文章に1問となっています。

5択の記号選択問題を読むのに少し時間がかかりますが、文章題の文章量がそれほど多くないので、じっくり読んで、しっかり理解し、記号選択の選択肢を読む前にまず答えを自分で考えてから、選択肢を読むようにしましょう。いきなり5択を読んでしまうと、ただ迷わされてしまうので、答えのイメージを浮かべてから読むといいでしょう。

2016年度第1回東京電機大学中学校の国語の入試問題

大問2番で「第5章 そうだ ぼくはくまだった よかったな」から後半部分が出題されました。千波大地の家が火事になり、お母さんが大地を守ったために火傷で入院して、2人で家に帰ってきた場面です。
大問1番は論説文、大問3番は慣用句、文学史、修飾・被修飾の関係、熟語の組み立て、俳句の季節、大問4番は100字のテーマあり作文でした。

この大問2番の設問形式は、4択の記号選択問題が7問、自由記述問題が1問で全部で8問でした。

2017年度第1回日本大学藤沢中学校の国語の入試問題

大問3番で「第7章 夏盛り 折古の浜」から一部改変ありで出題されました。千波が久しぶりに一緒に海へ行き、千波が行きたい高校のことを語る場面です。大問1番は、漢字の読み書き、部首、総画数、熟語の組み立て、文法などの知識問題、大問2番が論説文で大問3番まででした。

この大問3番の設問形式は、語句の意味・表現技巧の問題も4拓の記号選択になっているので、4択の記号選択問題が7問、適語補充が1問、抜き出し2問、自由記述問題が1問でした。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503
こちらの記事もおすすめ
中学受験で出題された本

『ぼくらのサイテーの夏』(笹生陽子)は豊島岡女子学園中で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します!

2019年11月11日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『ぼくらのサイテーの夏』(笹生陽子)について この本は、男の子が主人公のある夏休みのお話です。 タイトル通り、罰として夏休み中プール …
中学受験で出題された本

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)は三田国際学園中学校で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介!

2019年8月29日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『さようなら、オレンジ』(岩城けい)について この本は、岩城けいさんのデビュー作です。この作品で、第8回大江健三郎賞、第29回太宰治 …