中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『ランナー』(あさのあつこ)は西武学園文理中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します!

『ランナー 』(あさのあつこ)について

この本は、走ることが好きで、長距離走者として生まれてきたような陸上部の高校1年生加納碧李が、試合で走れなくなり、そのまま退部することを決意するところから始まります。

タイトルもランナーですし、陸上部の練習や走ることが中心のスポーツ小説だと思って読み始めたのですが、全然違っていてびっくりしました。

入試で出題された部分は、陸上部に復帰し、練習を始める部分なので、スポーツ小説だと思っていても問題ない部分です。ですが、少し言葉の使われ方が難しめです。

この本全体に、言葉の使われ方や表現が難しめですので、高校生以上大人に向けた作品でしょう。

そして、このお話は、幼児虐待を取り扱った小説です。
あさのあつこさんがこういった小説を書かれているとは知りませんでした。
幼児虐待と聞いてしまうと、読むのもためらってしまいそうですが、あさのあつこさんはこの繊細なテーマを胸を打つ作品として仕上げています。

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
小学生には難しすぎます。


ランナー (幻冬舎文庫)

スポンサーリンク

『ランナー 』が中学受験で出題された学校

2015年度西武学園文理中学校の国語の入試問題で出題されました。

2015年度西武学園文理中学校の国語の入試問題

大問2番で最初にリード文があり、文庫で約6ページ分が出題されました。
「1年の頃に陸上部を退部していた加納碧李は2年になってもう一度復帰して練習を始める。退部したくせにまた戻ってくることが気に入らない部員がいる中で、次の県大会に出場するための記録会に出場するためにはそれなりのタイムを出すことが必要で、休日もマネージャーの前藤杏子に練習につき合ってもらい、走っている」という場面です。

大問1番は説明文、大問3番は慣用句、語句、四字熟語、大問4番が漢字の読み書きでした。

この大問2番の設問形式は、適語補充が1問、5択の記号選択問題が1問、6択から2択選ぶ問題が1問、抜き出しが4問、20字の記述問題が1問で全部で8問でした。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503
こちらの記事もおすすめ
中学受験で出題された本

中学入試最頻出の『クラスメイツ〈後期〉』(森絵都)を紹介します!あらすじ(一部)と国語の入試問題の内容を紹介します!

2019年3月20日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『クラスメイツ〈後期〉』(森絵都)について 『クラスメイツ〈前期〉』はまだ誰がどういう子で、どうなっていくのかわからなくて読んでいき …