中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎)は成蹊中、法政大学中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します!

『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎)について

この作品は、『短編少年』という人気作家たちの少年をテーマにした短編が9作入っている本の中の1つでしたが、2020年4月24日『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎著)として刊行されました。伊坂幸太郎さんの小説は、『アヒルと鴨のコインロッカー』や『グラスホッパー』など映画化された作品も多く、有名ですが、中学受験ではあまり見受けられません。(2017年度早稲田中学校で『ガソリン生活』が出題されています)

文庫で約65ページの小説です。「逆ソクラテス」、というタイトルも読んでみると、なるほど…とうなずけます。大人としては、むしろ久留米先生(決めつけるタイプ)になりがちなので、気をつけないといけないなと、風刺っぽいところもあると思いますが、安斎君という少年がなかなかおもしろいです。実は、65ページですごく大事なことを言っている作品です。すぐ読めます。

ぜひ小学生はもちろん、お父さんお母さんも一緒に読んでみてください。

スポンサーリンク

『逆ソクラテス』が中学受験で出題された学校

2013年度第1回成蹊中学校2014年度第1回法政大学中学校で出題されました。

2013年度第1回成蹊中学校の国語の入試問題

大問1番で最初に10行分のリード文があり、文庫で約7.5ページ分が出題されました。大問2番は論説文で、大問2番までです。「安斎で、草壁をバカにする久留米先生の先入観を変えようと、プロ野球選手の小学校での野球教室のときに、その野球選手に草壁を褒めてもらえるように頼み、それが実行される」という場面が出題されました。

大問1番の設問形式は、自由記述の問題が4問、75字の記述が1題、4択の記号選択問題が2題で、問7まででした。

下記の法政大学中学校で翌年同じ箇所が出題されていますが、この問題に関しては、成蹊中学校の自由記述4問の方が難しいでしょう。

成蹊中学校の国語の出題傾向

成蹊中学校の国語の入試問題は、物語的文章が1題説明的文章が1題の構成です。

4択の記号選択問題、適語補充漢字の問題も出題されていますが、自由記述の問題が多く、100字の記述問題もあるので、書く時間が必要です。物語的文章の自由記述が難しいので、自由記述が出題される他の学校の過去問などを使って、自分の言葉でまとめられるように練習しておく必要があります。

2014年度第1回法政大学中学校の国語の入試問題

大問1番で文庫で約7.5ページ分出題され、大問2番は論説文で、大問2番までです。なんと、成蹊中学校の出題箇所と全く同じ部分がリード文なしで出題されました。若干形式は変わっていますが、成蹊中学校と同じ設問も出題されました。

設問形式は、適語補充問題が1題、抜き出しが3問、4択の記号選択問題が3問、字数制限つき記述問題が2題、漢字が1題、文法が1題、全部で11問の出題でした。

法政大学中学校の国語の出題傾向

法政大学中学校の国語の入試問題は、物語的文章が1題説明的文章が1題の構成です。

設問形式は、4択の記号選択問題、適語補充抜き出し漢字の問題と、字数制限つき記述自由記述問題が4問前後出題されています。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503
こちらの記事もおすすめ
中学受験で出題された本

『明日につづくリズム』(八束澄子)は豊島岡女子、東京電機大、八雲、日大藤沢中学校で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介!

2019年4月28日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『明日につづくリズム』について この本は、瀬戸内海の因島に住む中学3年生の千波と千波の家族、親友の恵を中心とした物語です。千波と恵は …