中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『遠くの声に耳を澄ませて』(宮下奈都)は東洋英和女子学院中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します!

『遠くの声に耳を澄ませて』(宮下奈都)について

12編の短編集ですが、1つの話の登場人物が他の話にも出てくるという関係性があります。2度読みして確認したくなる短編集です。

大人が読むには、前向きになれる本当に素敵な本ですが、小学生には厳しいです。

しかし、「アンデスの声」が東洋英和女学院中で出題されました。一生を農業に尽くしたおじいちゃんと孫娘のお話ですが、孫娘はもう社会人になっています。頑強なおじいちゃんが80近くになって、倒れて入院したとき、小さい頃に聞いた話の謎が明かされます。

スポンサーリンク

『遠くの声に耳を澄ませて』が中学受験で出題された学校

2017年度東洋英和女学院中学部A日程の国語の入試問題で「アンデスの声」から出題されました。

2017年度東洋英和女学院中学部A日程の国語の入試問題

アンデスの声」は文庫で全文19ページありますが、そのうち約14.5ページ分出題されました。設問が問20まであり、この「アンデスの声」のみからの出題です。

設問形式は、漢字の読み書きが1問、語句の意味が1問、4択の記号選択問題が11問、抜き出しが3問、適語補充問題が3問、字数制限つき記述問題が1問、自由記述の問題が3問でした。

本文を全部読むだけでも、時間がかかります。それなのに、試験時間が45分です。一読でどこまで理解できるかにかかっています。何度か読み直すことができればわかるかもしれませんが、一読で大部分がわかっていないと、全ての設問を解き切ることができないでしょう。相当の国語力が要求されている問題です。

東洋英和女学院中学部の国語の出題傾向

2017年、2018年と続けて、小説のみからの出題で、2018年は伊藤整の『少年』からの出題です。戦前の小学校が舞台なので、時代的にも理解が難しいです。どちらも量が多く、試験時間45分で解くには、かなりきつい問題です。
そのためか、4択の記号選択問題は、明らかにおかしいと思える選択肢が入っていて、消し込みは難しくありません。ただ、本文の内容が読み取れていての話なので、そもそも本文の内容がわからないと、他の問題で点を取ることもできず、全滅状態になりかねないでしょう。
自由記述の問題は、しっかり状況が把握できて、その上で気持ちが理解できていないと書くことができないので、下手すると何も書けないということもありえるでしょう。

普段から、難しい小説を読みこなせるように、読書量が必要です。日本文学や、少し大人向けの小説にも挑戦しておく必要があるでしょう。

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
東洋英和女学院中を受けたい生徒さんは、国語にしっかり時間を取りたいですね。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503