中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『ハッピーノート』(草野たき)が中学受験で出題された学校と国語の入試問題の内容、あらすじを紹介!

『ハッピーノート』(草野たき)について

これぞまさに、小学生が主人公の小学生向きの本です。

三条聡子という女の子が主人公で、聡子は学校でも塾でも、本当の自分のままで友だちと付き合うことができず、いつも友だちのいいなりになってしまい、不満を抱いています。塾の帰りに一緒に勉強する霧島君という男の子や、塾の富永先生、夏期講習に入ってきたリサ、学校の友だち、そして、お父さんお母さん、聡子の周りのいろんな人たちの影響で、聡子は成長していきます。

(詳しいあらすじを読みたい方は一番最後に。ネタバレになりますので、読みたくない方はご覧にならないでください。)

まさに、小学生に読んでもらいたい本です。そして、女の子が主人公ですが、男子校の国語の入試問題に女の子が主人公の物語もよく出題されていますので、ぜひ、男の子にも読んでもらいたいです。

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
より女の子向きなら、『リボン』です。

『リボン』(草野たき)は吉祥女子中、八雲学園中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介! 『リボン』(草野たき)について この本は、松野亜樹という中3の女の子の1年間を描いた小説となっています。部活、友だち、家族、受験...
『反撃』(草野たき)は法政大学第二中、女子美大付属中で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します! 『反撃』(草野たき)について この本は 神様の祝福 ヒーロー いつかふたりで ランチタイム さつきさん の5編からなる中学生...
スポンサーリンク

『ハッピーノート』が中学受験で出題された学校

2014年度カリタス女子中学校の国語の入試問題で出題されました。また、塾のテキストにも掲載されています。

2014年度カリタス女子中学校の国語の入試問題

大問2番で、34章あるうちの第3章、福音館文庫の約8ページ分が出題されています。大問1番は論説文で、大問1番も2番もどちらも問8までの出題でした。

大問2番の設問形式は、漢字が1問、適語補充が1問、語句の問題が1問、5択の記号選択問題が1問、自由記述の問題が4問でした。

「まだ、夏休みが始まる前、聡子が学校でいつもいる3人は、のり子世津なおちゃんで、のり子がリーダー的存在であり、聡子にとってうんざりする存在だった。塾では、いつも塾の帰りにミスタードーナツで一緒に勉強する霧島君という男の子がいる。聡子は、夏期講習中はひそかに思いを寄せる霧島君と毎日会えるので楽しみにしている。」という場面が出題されました。

カリタス女子中学校の国語の出題傾向

カリタス女子中学校の国語の入試問題は、ここ数年物語的文章1題説明的文章1題の構成で出題されていて、どちらも漢字も含めて問8(または問9)までです。自由記述問題や字数制限つき記述問題の方が、5択の記号選択問題よりも多いです。

説明的文章も物語文的文章もどちらも、比較的読みやすい文章が出題されています。量もほどほどなので、基礎力がついていれば解ける問題です。ただ、記述問題が多めなので、まずは、本文の言葉を使ってまとめて書く練習をするなど、記述対策はしっかりしておいた方がいいでしょう。

『ハッピーノート』あらすじ(ネタバレ)

三条聡子は、小学校4年の頃、自分から塾に行かせてもらう。そして、小5の夏期講習の帰りにミスタードーナツで復習をしていたら、たまたま同じ塾の霧島君が隣りになり、いろんな話をすることができて、それからずっと、塾の帰りに一緒に復習して帰ることになる。聡子にとって、それは塾通いの楽しみの一つとなった。

霧島君との塾帰りの勉強は1年続き、小6の夏期講習が始まる。霧島君とは、苦手科目克服のために、お互いの苦手科目をハッピーノートに勉強し、お互いに相手のノートを添削することにした。塾の中では聡子はいつも一人だったが、夏期講習に塾が初めてという篠原リサという子が入ってくる。リサは塾で人気の富永先生と何か関係があるらしいのだ。聡子はリサを通じて富永先生と仲良くなれれば、霧島君たちのグループとも仲良くなれるのではないかと考える。リサが毎日お昼休みに通いつめている吉野家に一緒に付き合い、リサと毎日一緒に過ごすが、ちっとも富永先生のことはわからず、リサのこともよくわからず、聡子は勉強に集中できないまま夏期講習が過ぎていく。

すると、ついに模擬テストの結果が返され、聡子は霧島君と同じAクラスから落とされ、新学期からBクラスになってしまった。霧島君にそのことが言えず、夏期講習最後の日が来る。お互いのハッピーノートを相手に記念に渡し、霧島君と握手して別れるが、聡子は追いかけて、霧島君を引き止め、最後にゲームセンターに行こうと誘う。霧島君とゲームセンターに行くと、霧島君のグループの子たちがやってきて、霧島君はあわてて、聡子に謝って帰ってしまう。

それから、聡子は全く勉強する気にもなれず過ごしていると、突然お芝居のチケットが送られてくる。そのチケットには、富永先生とリサの名前が載っていた。劇場に行ってみると、富永先生がやっている劇団にリサが出演していて、富永先生はリサの家庭教師の先生であり、リサが学校にも行っていないことがわかった。

霧島君と最後に交換したハッピーノートの最後が霧島君からの手紙となっていた。霧島君もお父さんの事情で私立中学に行くことができなくなり、塾をやめていたのだ。そして、いつも一緒にいた霧島君のグループの子たちとは、楽しくていっしょにいたわけではないことがわかった。ノートには住所と電話番号も書かれていたので、聡子は霧島君とドーナツを食べている絵と日付と時間を書いて手紙を出す。霧島君はいつもと同じように、その日付にミスタードーナツに来てくれるのだった。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503