中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
中学受験で出題された本やその本の小学生にとっての読みやすさ、国語の入試問題の内容について、国語入試対策を、また社会の時事問題対策を紹介します。
中学受験で出題された本

『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ)は吉祥女子中、品川女子学院中、鎌倉学園中他で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します!

『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ)について

登場人物は中学生の男の子が中心なので、中学生が読むと一番共感できると思いますが、中学受験を目指している小学生や、もちろん高校生以上の人、お父さんお母さんにも読んでもらいたい作品です。
中学の駅伝大会に出場するという青春小説の傑作です。

多くの人に読んでもらいたい作品です。

陸上部部長の桝井は、厳しい陸上部顧問の満田先生に導かれて、1、2年ですでに駅伝に出場していました。ですが、中学3年になるときに、満田先生は他校へ異動となってしまい、代わりに元美術部顧問で陸上は全くわからない女の先生、上原先生が陸上部の顧問となります。
陸上部では、桝井の他に、桝井に誘われひたむきに走り続けている内気な設楽、桝井に憧れて陸上部に入った2年の俊介が、駅伝参加メンバーです。駅伝は1人3kmで6区間、合計18kmなので、あと、3人メンバーを揃えないといけません。桝井は必死で残り3人のメンバーを集めます。最初に決まったのが、たばこ吸って金髪で授業はふけてる大田、次にちょっと変わっていて吹奏楽部でサックスを吹いてる渡部、そして、いつも頼まれると断れず明るく盛り上げてくれるジローが決まります。中学校駅伝では上位6校が県大会に進出できるので、なんとか今年も県大会に出場したいと、だんだん陸上部顧問らしくなっていく上原先生と集まった6人が思いをつなげていきます。

(このあとの詳しいあらすじを読みたい方は一番最後に。ネタバレになりますので、読みたくない方はご覧にならないでください。)

本の構成がとてもよくできていて、最初「0」で始まり、その後は、「1区」「2区」…「6区」と続きます。
「1区」〜「6区」は駅伝で走る区間のそれぞれの走者が、練習から本番までを語ります。
1区〜6区で同じ場面もあるのですが、語っている人物が違うので、それぞれの登場人物の気持ちをより深く理解できます。
いつの間にか自分も熱く、メンバーになった気になってしまいます。こんなに本1冊で熱い思いにさせられたのは久しぶりでした。

ただ、時間軸が前後するので、小学生でまだ読解力があまりついていない子には、理解が難しいかもしれません。誰がどの時点で語っているのかわからなくなってしまうかも…

スポンサーリンク

『あと少し、もう少し』が中学受験で出題された学校

最近、瀬尾まいこさんの作品、中学入試でよく出題されています。

ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
短編なら『おしまいのデート』。『卵の緒』もいいお話です。

『おしまいのデート』(瀬尾まいこ)は田園調布学園中で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介します! 『おしまいのデート』(瀬尾まいこ)について おしまいのデート ランクアップ丼 ファーストラブ ドッグシェア デートまでの道のり...
『卵の緒』(瀬尾まいこ)は東京都市大等々力中、八雲学園中で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します! 『卵の緒』(瀬尾まいこ)について 瀬尾まいこさんは、この『卵の緒』で2001年に、坊ちゃん文学賞大賞を受賞しています。その翌年に...

この『あと少し、もう少し』は、

2014年度第1回品川女子学院中等部国語の入試問題では、「6区―3」

2014年度三輪田学園中学校国語の入試問題では、「3区」から部分部分つないで出題されています。

2016年度第2回吉祥女子中学校の国語の入試問題で、「6区ー11,12」

2016年度鎌倉学園中学校2次の国語の入試問題で、「2区ー7,8」から出題されました。

2014年度第1回品川女子学院中等部の国語の入試問題

大問1番が漢字、大問2番が知識問題、大問3番が論説文、そして、大問4番にこの『あと少し、もう少し』が出題されました。

最初に5行に渡りリード文があり、それから本文となっています。吹奏楽部の渡部に中学駅伝大会に出場してもらうために、桝井らが勧誘する場面から最後のジローが加わって6人揃うまでが出題されました。この大問4番の設問数は9問で、自由記述が2問、70字記述が1問出ています。

2014年度第1回三輪田学園中学校の国語の入試問題

なんと大問1題だけで、全てこの『あと少し、もう少し』からの出題になっています。漢字も含めて問19までありました。

やはり、最初に4行ほどリード文があり、中学駅伝大会に出場し、3区を走るジローの語りの部分が出題されています。途中会話文が5文なく、並べかえる問題があり、記述問題は少なめで記号選択が主でした。

※三輪田学園中学校の国語の入試問題の出題傾向について、以下の記事で書いています。参考にしてください。

『大きくなる日』(佐川光晴)は武蔵中、立教池袋中など複数校で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介します! 『大きくなる日』(佐川光晴)について この本は、横山家を中心に連作短編集となっています。 第1話 「ぼくのなまえ」語り手は保育...

2016年度第2回吉祥女子中学校の国語の入試問題

大問2番で、この小説最後の「6区ー11,12」から出題されました。「6区ー12」の一番最後の部分は略されています。大問1番は論説文、大問3番は漢字の読み書きです。

陸上部の部長であり、駅伝大会に出場できるようにみんなを引っ張ってきた桝井が、スポーツ性貧血になってしまい、必死で走り抜ける場面です。

※吉祥女子中学校の国語の入試問題の出題傾向について、以下の記事で書いています。参考にしてください。

『よろこびの歌』(宮下奈都)は吉祥女子中、公文国際学園中で出題されました!国語の入試問題の内容、あらすじを紹介!『よろこびの歌』(宮下奈都)は2017年度吉祥女子中学校で出題されました。宮下奈都さんの作品は、この続編『終わらない歌』や『羊と鋼の森』『窓の向こうのガーシュウィン』なども中学受験で出題されています。小学生にとっての本の読みやすさ、出題された国語の入試問題の内容について紹介します。...

2016年度鎌倉学園中学校2次の国語の入試問題

大問3番で「2区ー7〜8」のジローの語りから文庫で約11ページ分出題されました。ヤンキーのジローが金髪をバリカンで剃り大会にのぞむ前日と当日の場面です。

大問1番は漢字の読み、大問2番は漢字の書き取り、大問4番は説明文、大問5番は漢字と語句の意味で、大問5番まででした。

この大問3番の設問形式は、語句の意味が1問、適語補充が4問、抜き出しが1問、4択の記号選択が8問、脱文挿入が1問で全部で15問でした。

他、四谷大塚の小5の2018年9月最初の組み分けテストにも出題されていました。サピックスや日能研などでも出題されているのではないかと思います。

『あと少し、もう少し』あらすじ(ネタバレあり)

1区を走るのは設楽。2区は大田。3区はジロー。4区が渡部。5区が俊介。6区が桝井。それぞれの独白形式で物語は進む。

設楽は内気で、いつもなんだか周りにビクビクしていて、特に大田は恐ろしい存在だった。その大田に襷を渡さなければならない。だけど、大田は設楽の足の速さを認めていた。もっと速く走れるはずだと。

大田は何でもかんでも投げ出して、部活もやめ、授業にも出ない。金髪にして、たばこ吸って…だけど、走る力はすごかったし、走るのが好きだった。設楽を怖がらさないように気を遣ったり、意外と優しい。壮行会で途中で抜け出して、桝井やジローと言い合って、でも、バリカンで髪の毛剃って、本番熱く闘志を燃やし、走りぬいた。

ジローは、走るのはイマイチ。頼まれれば断らない性格から、もちろん引き受けたけれど、それでも、自分のせいで迷惑をかけたくないと努力する。ジローの裏表のない明るさは渡部とそりが合わない。渡部はジローのなんでも頼まれればやる性格にイライラするのだ。

渡部は、7歳で親が離婚し、父母どちらにも引き取られず、おばあちゃんと暮らしている。そのことを同情されたり、馬鹿にされたくなくて、知的ぶってクールに振舞っている。吹奏楽をやっていながら、体は陸上向きだった。いくらでも走れる力を持っていた。ジローの明るい性格にイライラしながらもジローを認め、後輩の俊介とはおばあちゃんの作ったお弁当をあげたりして、気が合うらしい。俊介が桝井のことを本気で好きなのも見抜いていた。

俊介は、桝井に憧れて陸上部に入った。ずっと桝井を追いかけて、桝井のような走りができるように桝井のアドバイスを忠実にこなして、速くなっていた。だけど、桝井への気持ちは、ただの憧れや尊敬だけじゃなく、本気だったことに気づく。その思いを誰にも伝えられず、わかってもらえず、だけど、渡部だけはわかってくれていた。

桝井は本当にえらくて強くて、だけど、その桝井が不調で思ったように走れない。桝井は自分が5区を走り、6区を調子のいい俊介に走ってもらうように決めたのに、当日、上原先生の監督命令で、6区を走るように言い渡される。不調の原因は、スポーツ性貧血だった。メンバーみんな頑張っていて調子が上がっているのに、自分だけどうにもならない。だけど、その焦りをみんなに見せたくなくて、みんなの走りを後押しする。メンバーみんながそれに気づいていて、みんなそれぞれに思いやっている。桝井は、思うようにいかない体を死ぬ気で動かし、みんなの思いを県大会につなげる。

6人と上原先生が駅伝に向けて、少しずつお互いを理解しあい、認め合い、自分たちを高めていく。上原先生も最初は陸上のこともわからずぎこちなかったが、だんだんみんなのことをよく理解して、最後にはいい先生であった。

ABOUT ME
ブロ子ちゃん
ブロ子ちゃん
プロ家庭教師として20年以上勤めています。国語の入試問題を読むと、ついつい続きが気になり、本を読んでしまいます。出題された学校の国語の問題傾向や、その本が小学生にとって読みやすいかどうかということも書いています。検索窓に学校名を入れていただけますと、出題された本のページが出てきますので、どうぞご利用下さい。この中で何か読みたい本や読めそうな本を見つけていただいたり、また、中学受験の対策について、何かこのブログからきっかけをつかんでいただけたら幸いです。 また、ココナラでオンライン授業を出品しています。よろしければ、ご活用いただければと思います。 https://coconala.com/services/1137503
こちらの記事もおすすめ
中学受験で出題された本

『明日につづくリズム』(八束澄子)は豊島岡女子、東京電機大、八雲、日大藤沢中学校で出題されました!国語の入試問題の内容を紹介!

2019年4月28日
中学受験で出題された本と国語・社会入試対策
『明日につづくリズム』について この本は、瀬戸内海の因島に住む中学3年生の千波と千波の家族、親友の恵を中心とした物語です。千波と恵は …